北九州の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|きたきゅう水道職人 » キッチン水栓はいつ交換すべき?業者に依頼すべきパターンは

北九州 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチン水栓はいつ交換すべき?業者に依頼すべきパターンは

2022年06月28日 キッチン

「キッチンの水栓の交換はいつすればいいの?」「業者に頼んだらいくらかかるの?」と疑問を抱いている人も多いでしょう。


キッチンの水栓に不具合があれば、家事も滞ってしまいますし、使い勝手が悪くなります。キッチンを快適に使うためにも、水栓の交換を検討している人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、キッチン水栓を交換する目安や費用等についてまとめていきます。


キッチン水栓の種類ごとの特徴


キッチンの水栓には大きく分けて5つの種類があります。種類によって水栓の交換にかかる費用などが違うので、まずは自分の使っている水栓がどの種類のものなのか確認しておきましょう。


単水栓
単水栓とはハンドルと蛇口が1つずつついたタイプの水栓です。古い家に多くあるタイプですね。


また、単水栓は水かお湯のどちらかのみしか出すことができません。基本的に赤と青の目印が付いていることがほとんどなのですが、赤の蛇口をひねればお湯、青の蛇口をひねれば水が出てきます。


シングルレバー混合水栓
シングルレバー混合水栓と端川1つの蛇口に対してレバー型のハンドルが1つ付いているタイプのものです。1つのレバーをひねるだけで水とお湯の両方が出せます。水量を調整するときはレバーを上下させるだけで大丈夫です。


別のレバーではお湯の温度を調整することもできます。シングルレバー混合水栓は手軽に操作しやすいという面から、キッチンによく採用されています。キッチン以外であれば洗面台でもよく使用されていることが多いです。


ツーハンドル混合水栓
ツーハンドル混合水栓は蛇口の左右に水とお湯のハンドルが1つずつ付いているものです。基本的には水が出るハンドルには青色の目印、お湯が出るハンドルには赤色の目印が付いています。


温度を調整するときは両方のハンドルを開いてコントロールします。


サーモスタット混合水栓
サーモスタット混合水栓は横長の円柱型ハンドルと蛇口が1つずつ付いているものです。円柱型のハンドルの左右には回転式のハンドルがあり、温度や水量をコントロールできるようになっています。


サーモスタット混合水栓は水圧や水量が変わっても温度が変わりにくいのが特徴です。


タッチレス水栓
タッチレス水栓は比較的新しめの水栓タイプです。水栓についているセンサーに手をかざすだけで、水を出したり止めたりできます。


ハンドルに触らなくても操作できるので、手が汚れていても簡単に操作できるのがメリットです。また、濡れた手で触ることがないので水垢の防止にもつながります。


キッチン水栓を交換するときの目安


キッチン水栓を交換する時期は悩みがちですが、以下の症状が起きた時は交換の目安時期だと言えるでしょう。家の水栓が以下のような症状を引き起こしていないか確かめてみてください。


レバーハンドルが硬くなって操作しづらい
レバーハンドルが硬くなって操作しづらくなるのは、水道水のミネラル成分が付着したり、見えない部分がサビついたりしていることが原因だと考えられます。


また、水栓をスムーズに動かすためには潤滑油が重要なアイテムとなります。レバーハンドルは摩擦が起こりやすい部分なので、潤滑油が切れて操作しづらくなっていることも考えられるのです。


ハンドルをひねると不快な音がする
ハンドルをひねったときにまるで黒板を引っ掻いたような不快な音がする場合も、交換時期の目安だと言えるでしょう。


不快な音がするのは、ハンドル内部のコマパッキンが劣化しているのかもしれません。そのまま放置すると水漏れを引き起こす危険性があるので、迅速に対応する必要があります。


蛇口が安定しない
蛇口がぐらぐらと安定しないのも交換時期の目安です。蛇口が安定しないのはビスが緩んでいたり、外れていたりすることが原因だと考えられます。
そのまま放置すると水漏れやシンク自体を傷めてしまう原因にもなるので、すぐに対処することが大切です。


水栓を交換するときの手順


ここからはキッチン水栓を交換する手順について見ていきましょう。水栓を交換する際は自分で修理する方法と、水道業者に依頼する方法があります。


自分で修理する際は正しい方法で行わなければより被害を大きくしてしまう可能性があるので、注意が必要です。以下で正しい手順を説明していくので、参考にしてみてください。


現状を確認する
まずはキッチン水栓がどのような状態なのか、現状を確認しましょう。蛇口がぐらついていないか、ビスの閉まりが緩んでいないか、水漏れしている場合はどこから水が漏れているのかも確認しておいてください。


もし、ビスが緩んでいるのであれば工具を使って締め直しすれば大丈夫です。ハンドルをひねってみて、蛇口がぐらつかないか確認してみてください。


止水栓を閉める
作業中に水が吹き出さないように、最初に止水栓を閉めておきましょう。止水栓の場所がわからない場合は、元栓を閉めても大丈夫です。


ただ、元栓を閉めると家中の水道が使えなくなるので注意してください。


水栓を分解
部品が劣化したり、潤滑油が切れたりしている場合は彗星の内部に原因があるので、分解する必要があります。まずは、レバーの前の方やハンドルの上部分に付いているカラーキャップを外してください。ネジを緩めてハンドルを取り外します。


次に、部品を分解していくのですが、ツーハンドル混合水栓の場合はナットとバルブを、シングルレバー混合水栓の場合はカートリッジとスパウトを取り外してください。


最後はもう一度付け直さなければいけないので、手順や場所を間違えないように写真を撮りながら行うと良いでしょう。


水栓を交換する
水栓を分解したら劣化している部品を新しいものに交換しましょう。交換する前に内部の汚れを掃除しておくといいです。ゴミやほこりが溜まっていると劣化しやすくなるので、簡単に掃除しておきましょう。


もとに戻す
新しい部品に交換したら元の状態に戻しましょう。写真を見ながら作業を進めていくとスムーズに取り付けができます。


取り付けが終わったら、止水栓や元栓を開いて正常に動いているか確認しましょう。一度ではなく繰り返し水栓を開け閉めして、問題なく使用できるかチェックしてみてください。


キッチンの水栓を交換するときの費用


最後にキッチン水栓の交換をする際の費用を見ていきましょう。自分で修理する際は基本的に水栓の金額のみとなります。内部の部品が劣化している場合は、パーツ代もかかってきます。


単水栓の場合は約1,200円〜、シングルレバー混合水栓の場合はメーカーによって差はあるものの約6,000円〜、ツーハンドル混合水栓の場合もメーカーによって差はあるものの約6,000円、サーモスタット混合水栓の場合は約14,000円、タッチレス水栓の場合は約35,000円となります。


もし業者に依頼するとなれば、本体費用だけではなく交換費用、部品代、出張料、夜間料金などがかかります。業者によって料金体系は異なるので、まずは見積もりを出してもらうと良いでしょう。
業者に依頼する際に少しでも費用を抑えたいなら、夜間の依頼はやめること、自宅から近い水道業者に頼むことがポイントです。出張料と夜間料金が抑えられるので、大きく費用をカットできます。


まとめ


今回はキッチン水栓を交換する目安や費用などについてまとめていきました。不具合が起きているままの状態にしておくと、水漏れやより大きな被害を出す可能性があります。


不具合が少しでも続いたら、交換を検討してください。


キッチン水栓を交換する際は自分で直す方法と業者に依頼する方法がありますが、中には複雑な組み立てになっている水栓もあるので業者に依頼した方が良いでしょう。


費用はかかりますがスムーズに修理してくれるので、安心してキッチンが使えるようになります。


北九州のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「きたきゅう水道職人(北九州水道職人)」

【対応エリア】

北九州市 行橋市 直方市 中間市 宗像市 飯塚市 宮若市 田川市 遠賀郡 田川郡 鞍手郡 京都郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きたきゅう水道職人(北九州水道職人) 0120-492-315

きたきゅう水道職人(北九州水道職人) 0120-492-315